アドセンス広告は当分は表示させないけれども。

アドセンス広告は当分は表示させないけれども、何れは広告を表示させることになりそうです。これからアクセス数が上昇していけば審査も承諾される可能性が高くなると思うので、頃合いをみて申請するつもりでいます。数ヶ月先か一、二年後の話です。

アクセス数は記事の量に比例して伸びていきますとは正直なところ、言いにくいけど検索にヒットする確率は増えてはいきます。ただ闇雲に記事を書いていても検索サイトは拾ってくれませんが・・・。そこにはSEO的な対策は必要になります。

尚、アドセンス広告はPVによっても収入を得ることが可能です、PV数が多ければ多いほど収入を得る機会を得ることが出来ます。ここらへん、YOUTUBEと似ているのですがYOUTUBEの方が今の処、イージーゲームかと思います。ただAI(人工知能)が進化し続けているので厳しくなるのもそう遠くない話かと思います。

AIが進化するという事は人の文章のランク付けできるようになるという事です。そうなると検索サイトの順位決定基準が大幅に変わるという事も考えられます。現在(2021/06/15)はモバイルファーストやリンク相互関係などが重要視されています。

--タグ--
AI,PV,SEO,youtube,アクセス,アドセンス,イージー,ゲーム,ここら,こと,これ,サイト,そこ,つもり,ところ,ヒット,ランク,,上昇,,,,人工,,何れ,,収入,可能,可能性,審査,対策,広告,当分,必要,承諾,,文章,,検索,機会,正直,比例,申請,,知能,確率,表示,記事,,進化,,頃合い


WordPressのテンプレートの構成にわからなくなる人のために?

テンプレートの構成がわからなくなる人のために、いや自分のために書いときます。page.phpが自分としては癖があるなと思ったわけです。pageって何だか記事を連想してしまって今でも正直なところ、しっくりこないです。index.phpは汎用性のあるページということも気おつけておかないと悩ましい事になります。例えば404.phpが無い場合、index.phpが参照されてしまいます。なので独自のテーマを作る時は覚えておかないと大変です?

404.php・・・ノットファウンドのページの処理を書く
archive.php・・・アーカイブページの処理を書く
category.php・・・カテゴリーページの処理を書く
footer.php・・・ページのフッター部分の処理を書く
functions.php・・・関数を集約
header.php・・・ページのヘッダー部分の処理を書く
index.php・・・汎用ページの処理を書く
home.php・・・TOPページの処理を書く
page-固定ページ名.php・・・固定ページ(指定)の処理を書く
page.php・・・固定ページの処理を書く
search.php・・・検索結果ページの処理を書く
sidebar.php・・・サイドバーの処理を書く
single.php・・・単体記事ページの処理を書く
style.css・・・独自テンプレートの宣言とCSSの対応を書く

--タグ--
404,archive,category,footer,functions,header,index,page,php,wordpress,アーカイブ,カテゴリー,こと,ため,テーマ,テンプレート,ところ,ノット,ファウンド,フッター,ページ,ヘッダー,わけ,,,,処理,参照,場合,大変,,構成,正直,,汎用,汎用性,,自分,記事,連想,部分,関数,集約


サイトについて

雑記帳:ログとして書いています、良い記事があればシェアお願いします。


RSS